トム・ハンクス、再び演じたロバード・ラングドンを語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月23日 > トム・ハンクス、再び演じたロバード・ラングドンを語る
メニュー

トム・ハンクス、再び演じたロバード・ラングドンを語る

2009年10月23日 17:14

3度、ラングドンを演じる可能性も?「天使と悪魔」

3度、ラングドンを演じる可能性も?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] トム・ハンクス主演、ロン・ハワード監督で、ダン・ブラウンの世界的ベストセラー小説を映画化した「天使と悪魔」のDVD&ブルーレイが、10月28日に発売される。シリーズ前作「ダ・ヴィンチ・コード」に続き、主人公ロバート・ラングドン教授を演じたハンクスが語った。

ローマ、バチカンを舞台に、ハーバード大学教授の象徴学者ラングドンが、核にも勝るエネルギーを持つ「反物質」を用いてバチカン消滅を企む秘密結社イルミナティの陰謀に挑む。その輝かしいキャリアの中で、ハンクスが同じ役を2度演じたのは、アニメ「トイ・ストーリー」の声優を除いて今回が初めてだが、同じ役だからといって「楽なことはひとつもないよ」とハンクスは言う。「観客がラングドンの過去や1作目で彼が体験したことを知っているということは一助になるかもしれないが、それでもラングドンは『天使と悪魔』を一歩目からスタートするんだ」

さらにハンクスは、「ラングドンの頭がどう働いているのか、どうやってひとつの結論から次の結論にあれほど素早く飛べるのかということを理解するのが大切だ」と続ける。さらに、「彼は暗号や謎かけやシンボル、ゲームやパズルや歴史について百科辞典並みの知識を持っている。そしてそれらを状況に応じて関連づけることができる。そんなことができる人間は世界中に彼ひとりだけかもしれないけれど、そこに信憑性を持たせなければいけないんだ」と強調する。

そんな「歩く百科事典」ラングドンの名推理が見どころのひとつだが、決して衒学的なだけでは終わらない。反物質の爆発が迫るタイムリミットサスペンスとして、息をつかせぬ展開が続くからだ。

「『ダ・ヴィンチ・コード』はある種の宝物探し競争と形容することもできるものだったが、『天使と悪魔』ではさらに激しいレースが展開される。まるで現代のローマの街中で繰り広げられる競馬みたいだよ。馬の群れの真ん中で口から泡を吹いているクォーターホース(短距離の瞬発力に優れた馬)に乗っている感じだね(笑)」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi