「スパイダーマン」のスピンオフ「ヴェノム」脚本家にゲイリー・ロスが決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月8日 > 「スパイダーマン」のスピンオフ「ヴェノム」脚本家にゲイリー・ロスが決定
メニュー

「スパイダーマン」のスピンオフ「ヴェノム」脚本家にゲイリー・ロスが決定

2009年10月8日 17:52

スピンオフに僕の出番はある?「スパイダーマン3」

スピンオフに僕の出番はある?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スパイダーマン3」に登場した悪役を主人公にしたスピンオフ企画「ヴェノム」の脚本を、「シービスケット」のゲイリー・ロス監督が手がけることになった。

米ハリウッド・レポーター誌によれば、ロス監督自身がメガホンをとる可能性もあるという。また、「スパイダーマン4」の脚本のリライトにも参加している。

「ヴェノム」は、「スパイダーマン3」で異星の寄生生物シンビオートがスパイダーマンに恨みを持つカメラマン、エディ・ブロック(トファー・グレイス)に寄生して誕生したキャラクター。スパイダーマンのダークな側面を表現するキャラクターとして、原作のファンの間でも高い人気を誇っている。

脚本は今年4月、ウッディ・ハレルソン主演最新作「ようこそ、ゾンビランドへ(仮題)」の脚本家コンビ、レット・リースポール・ワーニックが第1稿を書き上げたと報じられた。ロス監督がそれをリライトするのか、まったく別の脚本を用意するのかは不明。製作するコロンビア・ピクチャーズとマーベルからは、正式なコメントは発表されていない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi