ロバート・デ・ニーロとスパイク・リー監督が新TVシリーズでタッグ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月18日 > ロバート・デ・ニーロとスパイク・リー監督が新TVシリーズでタッグ
メニュー

ロバート・デ・ニーロとスパイク・リー監督が新TVシリーズでタッグ

2009年9月18日 12:00

ニューヨークの顔である2人がタッグ「タクシードライバー」

ニューヨークの顔である2人がタッグ
Photo:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ニューヨーク系映画人の代表とも言えるロバート・デ・ニーロスパイク・リー監督が、マンハッタンのアルファベット・シティを舞台にした新ドラマシリーズでタッグを組むことになった。

米ハリウッド・レポーター誌によると、タイトルは「アルファビル(Alphaville)」。米CATV局SHOWTIMEの制作で、デ・ニーロはプロデュースを、リー監督はパイロット版の演出を手がける。脚本は、「サード・ウォッチ」などのTVシリーズのライターを務めてきたジョン・リドリー。リドリーは、現在リー監督が準備中の、ロス暴動をテーマにした長編映画の脚本家でもある。

舞台となるアルファベット・シティとは、ダウンタウン・マンハッタンに位置するイーストビレッジのイースト川寄りの一角のこと。通りの名前がアベニューAからDとなっているため、この名が付いた。今でこそ、オシャレな店が立ち並ぶ先端スポットと化したこの界隈も、80年代にはドラッグの売人やジャンキーが徘徊し、犯罪が多発する、マンハッタンのなかでも最も危険なエリアとして知られていた。

今回のシリーズも80年代の同所を舞台にするもので、この地区にもともと居住していたプエルトリコ人や黒人の住民たちと、移住してきたアーティストやミュージシャンの卵たちが繰り広げるアンサンブルドラマになるようだ。ちなみに、デ・ニーロの出世作「タクシードライバー」(マーティン・スコセッシ監督)も、アルファベット・シティが舞台だった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi