デ・ニーロとスコセッシ監督がギャング映画で黄金コンビ復活!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月6日 > デ・ニーロとスコセッシ監督がギャング映画で黄金コンビ復活!?
メニュー

デ・ニーロとスコセッシ監督がギャング映画で黄金コンビ復活!?

2008年10月6日 12:00

ギャング映画で10度目のコンビか!「グッドフェローズ」

ギャング映画で10度目のコンビか!
Photo : ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オスカー監督マーティン・スコセッシに新たな企画が浮上。「グッドフェローズ」「カジノ」といったギャング映画で組んだオスカー俳優ロバート・デ・ニーロが、スコセッシ監督の新作ギャング映画に主演すると明かした。

その原作は、25名以上の殺害事件に関与したとされる実在のマフィアの殺し屋、フランク・“アイリッシュマン”・シーラン(1920~2003)の人生を描く、チャールズ・ブラント著伝記小説「I Heard You Paint House」。タイトルはマフィアの隠語で、殺害時にターゲットの血が壁や床に飛び散ることを意味する。現在、「ギャング・オブ・ニューヨーク」「アメリカン・ギャングスター」の脚本家スティーブン・ザイリアンが脚色中だという。

シーランは米陸軍を除隊後、伝説的なマフィアのドン、ラッセル・バッファリーノに仕え、数多くの殺人事件に関与。同著の中で彼は、75年に行方不明になった全米トラック運転組合委員長ジミー・ホッファ(92年にジャック・ニコルソン主演で映画化)の殺害に関与したと自白。72年に対立していたコロンボ・ファミリーの幹部“クレイジー・ジョー”・ギャロを射殺。さらに、ジョン・F・ケネディ大統領暗殺にも武器供与したと語っている危険人物。

このシーランを演じるのがデ・ニーロで、「グッドフェローズ」のジミー・パーク(役名はジェームズ・コンウェイ)に続く実在したアイルランド系ギャング役だ。

実現すればデ・ニーロと10度目のコンビとなるスコセッシ監督は現在、遠藤周作原作の「沈黙」、実在したウォール街の風雲児をレオナルド・ディカプリオが主演する「The Wolf of Wall Street」、ミック・ジャガー製作の音楽ドラマ「The Long Play」の3つの企画を抱えており、これら4つのうちどれが最初に選ばれるか注目される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi