クリストファー・ノーラン監督が「ダークナイト」続編と契約? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月6日 > クリストファー・ノーラン監督が「ダークナイト」続編と契約?
メニュー

クリストファー・ノーラン監督が「ダークナイト」続編と契約?

2008年10月6日 12:00

近く正式発表か、ガセか?「ダークナイト」

近く正式発表か、ガセか?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クリストファー・ノーラン監督がバットマンシリーズ「ダークナイト」続編と契約か? という話題が先週末、インターネットの映画サイトで沸騰した。

そのネタ元は、「プロダクション・ウィークリー」という映画製作情報を羅列した業界週刊誌(10月9日号)で、「Batman 3」というタイトルで「ダークナイト」続編が「09年2月の撮影に向けプリプロダクション開始」と紹介され、しかも監督欄に「クリストファー・ノーラン」の名前が記載されていたからだ。

製作するワーナー・ブラザースはその情報を一切公表しておらず、この噂も公式に否定しているが、ロケ地に予定されている米イリノイ州シカゴの映画クルーが09年2月からの撮影スケジュールを押さえてしまったことにより、その業界誌に掲載されたという。

同誌は、購読者である映画関係者からの購読料のみを収入源とし、映画スタジオや製作プロダクションからの情報だけを頼りに、“プロダクション中”または“プリプロダクション中”という映画製作リストを作成するメディアであって、飛ばし記事を書かない性格上、映画サイトの大半は同誌リストの信憑性を尊重し、ノーラン監督が水面下でワーナーと契約したに違いないと結論づけているわけだ。

もちろん、ノーラン監督はその続編についてノーコメントを貫き通しているが、もしも水面下で契約したのなら、近くワーナーから正式発表が行われるのは必至となる。また、ワーナーは2011年の公開を目指すとかねてより公表しており、来年2月の撮影スタートは至極妥当なスケジュールでもある。

悪役として、ジョニー・デップの“リドラー”、フィリップ・シーモア・ホフマンの“ペンギン”といった名前が挙っているものの、デップの方は同時期に撮影される「パイレーツ・オブ・カリビアン4」(ジャック・スパロウ役)や西部劇「ローン・レンジャー」(トント役)への出演が決まっており、これで噂の実現は限りなくゼロに近くなったようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi