実写版「AKIRA」は生きていた!「アイアンマン」の脚本家コンビ起用 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月9日 > 実写版「AKIRA」は生きていた!「アイアンマン」の脚本家コンビ起用
メニュー

実写版「AKIRA」は生きていた!「アイアンマン」の脚本家コンビ起用

2009年9月9日 12:00

キャスト発表も気になる!「AKIRA」

キャスト発表も気になる!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年6月に製作中断が報じられた、ワーナー・ブラザースとレオナルド・ディカプリオの製作会社アッピアン・ウェイによる大友克洋のコミック「AKIRA/アキラ」の実写映画化プロジェクトだが、どうやら完全に消滅したわけではなかったようだ。

米映画サイトColliderによると、「アイアンマン」「トゥモロー・ワールド」の脚本家コンビ、マーク・ファーガスホーク・オストビーが実写版「AKIRA」の脚本に着手しており、うまくいけば2010年に撮影、2011年に公開される可能性もあるという。

当初、「AKIRA」の実写映画化は、「スター・トレック/ヴォイジャー」の脚本家でもある、ゲームデザイナーのゲイリー・ウィッタの脚本をもとに2部作として製作される予定だったが、監督に抜擢されたアイルランド出身のルアイリ・ロビンソンが急遽降板し、ワーナーが企画を見送ったと報じられていた。

ファーガス&オストビー版の脚本の詳細は明らかにされていないが、ウィッタ版同様、終末戦争後の近未来のニュー・マンハッタン(原作の舞台は、核戦争後の2019年の人工都市ネオ東京)を舞台にしたストーリーであることは間違いないようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi