今年の東京国際映画祭コンペ部門審査委員長は、「バベル」のイニャリトゥ監督 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月17日 > 今年の東京国際映画祭コンペ部門審査委員長は、「バベル」のイニャリトゥ監督
メニュー

今年の東京国際映画祭コンペ部門審査委員長は、「バベル」のイニャリトゥ監督

2009年8月17日 12:00

東京にゆかりが深い監督が何を選ぶ?「バベル」

東京にゆかりが深い監督が何を選ぶ?
(C)2009 TIFF
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 10月17日より25日まで東京・六本木ヒルズをメイン会場として都内の各劇場で開催される、第22回東京国際映画祭のコンペティション部門の審査委員長が、メキシコの映画監督アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥに決定した。8月17日に、同映画祭事務局から発表された。

イニャリトゥ監督は、ガエル・ガルシア・ベルナルが主演した2000年の監督デビュー作「アモーレス・ペロス」で、狂おしく許されない愛を描き、カンヌ国際映画祭批評家週間グランプリ、また第13回東京国際映画祭コンペティション部門のグランプリ&監督賞を同時受賞。また、ベニチオ・デル・トロ主演の「21グラム」(03)、カンヌ国際映画祭監督賞を受賞したブラッド・ピット主演の「バベル」(06)などを監督している。「バベル」は東京を舞台に、父(役所広司)と暮らす聾者の女子高生チエコ(菊地凜子)のストーリーのパートもあり、都会で孤独を抱える少女を演じた菊地凜子は本作でアカデミー助演女優賞にノミネートされた。

何かと「東京」と縁が深い映画作家であるイニャリトゥ監督は、審査委員長を務めるにあたり、「日本の文化や映画の伝統は、私個人にも影響を与え、また、敬意と感心を抱かせました。第22回東京国際映画祭の審査委員長を務めさせていただけることを名誉に思い、感情の浄化や省察を引き起こす新たな声に出会うことを楽しみにしています」とコメントを寄せている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi