菊地凜子主演、東京を舞台にしたコイシェ監督最新作の予告編が公開! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年5月12日 > 菊地凜子主演、東京を舞台にしたコイシェ監督最新作の予告編が公開!
メニュー

菊地凜子主演、東京を舞台にしたコイシェ監督最新作の予告編が公開!

2009年5月12日 12:00

「バベル」よりもっと過激なヌードを披露「バベル」

「バベル」よりもっと過激なヌードを披露
Photo:TSUNI/Gamma/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「死ぬまでにしたい10のこと」のスペイン人女流監督イサベル・コイシェが、菊地凜子(「バベル」)、榊英雄(「北の零年」)、中原丈雄(「レイン・フォール/雨の牙」)、セルジ・ロペス(「パンズ・ラビリンス」)、田中泯(「たそがれ清兵衛」)といった国際派俳優を招き、東京を舞台に描いたスペイン映画「マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トーキョー」の予告編がTwitchなどのサイトで公開された。

同作は、今週5月13日より開催されるカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、カンヌのワールドプレミアでいよいよベールを脱ぐ。

Twitchによると、菊地が演じるのは魚市場で働き、依頼を受けると殺し屋となる2つの顔を持つ若い女性リュウ。予告編では、全裸の女性が刺身の女体盛りになるシーンから始まり、娘(あびる優)の自殺を知った父親(中原)は手下(榊)を使って、娘の自殺の原因となったスペイン人男性デビッド(ロペス)の殺しを依頼するというストーリーの流れになるようだ。

スペイン人が働くワインショップに行って接近したリュウは、シャンソン「ばら色の人生」日本語版が流れるなか肉体関係で結ばれ、菊地は「バベル」以来のスレンダーなヌードを披露している。

同作は、今年8月末から監督の故国スペインで公開される予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi