「彼女を見ればわかること」R・ガルシア監督新作に強力メキシコ3人衆が参加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月6日 > 「彼女を見ればわかること」R・ガルシア監督新作に強力メキシコ3人衆が参加
メニュー

「彼女を見ればわかること」R・ガルシア監督新作に強力メキシコ3人衆が参加

2008年10月6日 12:00

[映画.com ニュース] 「彼女を見ればわかること」「美しい人」で知られるコロンビア出身のロドリゴ・ガルシア監督の新作「Mother and Child」のプロデューサーとして、いずれもメキシコ出身の映画監督3人が加わることになった。

その3人とは、アルフォンソ・キュアロン(「天国の口、終わりの楽園。」)、ギレルモ・デル・トロ(「パンズ・ラビリンス」)、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(「バベル」)という何とも強力な布陣で、彼らは昨年、共同で映画製作会社チャ・チャ・チャを立ち上げており、今作も同社がプロデュースするもの。

ガルシア監督が脚本も手がける「Mother and Child」は、タイトル通り母と子を中心にした監督お得意のアンサンブルドラマ。35年前に生んだ娘を里子に出した50歳の女性とその娘、そして養子縁組を求める黒人女性という3人の女性たちの30年間を描く。キャスティングは現在進行中で、12月の撮影開始を予定している。

ちなみに、ガルシア監督の父親でノーベル賞作家のガブリエル・ガルシア=マルケスの小説「誘拐」が、やはりメキシコ人監督のペドロ・パブロ・イバッラによって映画化されることもつい先日発表された。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi