売れっ子ハビエル・バルデム、今度はジュリア・ロバーツの恋人役に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月10日 > 売れっ子ハビエル・バルデム、今度はジュリア・ロバーツの恋人役に
メニュー

売れっ子ハビエル・バルデム、今度はジュリア・ロバーツの恋人役に

2009年6月10日 12:00

バルデムがセクシーなモテ男を演じる「それでも恋するバルセロナ」「それでも恋するバルセロナ」

バルデムがセクシーなモテ男を演じる「それでも恋するバルセロナ」
(C)2008 Gravier Productions, Inc. and MediaProduccion, S.L.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウッディ・アレン監督作「それでも恋するバルセロナ」(6月27日公開)でペネロペ・クルススカーレット・ヨハンソンと共演したスペイン人俳優ハビエル・バルデムが、今度はジュリア・ロバーツの恋人役を演じることが分かった。

それは、処女短編小説「巡礼者たち」で数々の文学賞を獲得した作家エリザベス・ギルバートの旅の記憶をつづった自伝的小説「Eat, Pray, Love」(06年発表)を原作としたもの。ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーリストに110週も入った、英語圏で売れに売れた原作だ。

ロバーツ演じる作家ギルバートが、離婚の痛みを癒すため、世界中を旅するというストーリーで、ローマでは“食”を堪能し、インドでは“祈り”、バリ島で出会ったフェリペ(バルデム)という男と“恋”におちる。

製作スタジオはパラマウント・ピクチャーズ。TVシリーズ「NIP/TUCK ハリウッド整形外科医」のクリエイターであり、コメディ映画「ハサミを持って突っ走る」で監督・脚本にあたったライアン・マーフィーが脚色と監督を、また製作会社プランBを率いる俳優ブラッド・ピットがプロデューサーを務める。公開は2011年予定。

コーエン兄弟の「ノーカントリー」でアカデミー助演男優賞を獲得したバルデムは、先日もオリバー・ストーン監督の「ウォール街」続編の悪役に決まったばかり。アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督の新作ドラマ「Biutiful」(12月11日全米公開)でも主演を務めている。

一方のロバーツは同作が、クライブ・オーウェン共演の「デュプリシティ/スパイは、スパイに嘘をつく」以来の主演になる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi