ザック・スナイダー監督の新作ガールズアクションのキャスト固まる : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月7日 > ザック・スナイダー監督の新作ガールズアクションのキャスト固まる
メニュー

ザック・スナイダー監督の新作ガールズアクションのキャスト固まる

2009年8月7日 12:00

アマンダ・セイフライドに代わって 主役を射止めたエミリー・ブラウニング「ウォッチメン」

アマンダ・セイフライドに代わって
主役を射止めたエミリー・ブラウニング
Photo:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スパイダーマン」のトビー・マグワイアが主演する爆笑ハードボイルド小説「東京サッカーパンチ」の映画化企画が進行中だが、これとは別に、「300」「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督がファンタジーアクション映画「サッカーパンチ(Sucker Punch)」をワーナー・ブラザースにて製作準備中(2011年完成予定)であることが分かった。

米ハリウッド・レポーター誌によれば、スナイダー監督の同作は「マシンガンを持った不思議の国のアリス」というキャッチフレーズが似合いそうな、過激なガールズアクションムービーになるという。

スナイダー監督とスティーブ・シブヤの共同脚本による物語は、1950年代を舞台に、邪悪な義理の父により精神病院に収容させられた少女が、ロボトミー手術まであと5日間という時に、仲間たちと脱出を図るという内容。

ベビードールという名の主人公役には、「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」の20歳のオーストラリア人女優エミリー・ブラウニングが抜擢された。彼女の仲間役に、バネッサ・ハジェンズ(「ハイスクール・ミュージカル」)、ジェイミー・チャン(「DRAGONBALL EVOLUTION」)、ジェナ・マローン(「イントゥ・ザ・ワイルド」)、アビー・コーニッシュ(「キャンディ」)といった若手女優が配役され、スナイダー監督作「ウォッチメン」の初代シルク・スペクターを演じたカーラ・グギーノが施設の女性役で出演する。

撮影は今秋よりカナダ・バンクーバーで始まる予定で、女優陣は現在、アクションのトレーニングを受けている模様だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi