トビー・マグワイア主演「東京サッカーパンチ」の相手役がアン・ハサウェイに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月3日 > トビー・マグワイア主演「東京サッカーパンチ」の相手役がアン・ハサウェイに
メニュー

トビー・マグワイア主演「東京サッカーパンチ」の相手役がアン・ハサウェイに

2009年6月3日 12:00

撮影は東京で大々的に?「カラー・オブ・ハート」

撮影は東京で大々的に?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スパイダーマン」のトビー・マグワイア製作・主演作として2011年公開を目指し映画化を進めている、作家アイザック・アダムソンによる爆笑ハードボイルド小説「東京サッカーパンチ」(原題「Tokyo Suckerpunch」、邦訳は扶桑社ミステリー文庫)。

監督が「カラー・オブ・ハート」「シービスケット」でマグワイアと組んだゲイリー・ロス、脚本が「ビルとテッドの大冒険」「メン・イン・ブラック」のエド・ソロモンに決まっている同作は、マグワイア演じる主人公の恋人役として「レイチェルの結婚」のアン・ハサウェイが決まりそうだ。

「東京サッカーパンチ」は、来日したアメリカ人事件記者ビリー・チャカが主人公。チャカは、渋谷の飲み屋に飛び込んできた美しい芸者・蜜柑花にひと目惚れするが、謎の男たちに追われた蜜柑花は行方不明に。さらに、チャカの旧友の映画監督・佐藤実玖勝が焼死する事件が起こり、ヤクザ、巨大自動車メーカー、宗教結社が複雑に入り乱れ、仰天の結末へとなだれ込むというユーモラスなハードボイルドだ。

映画化される物語について、脚本家ソロモンが米Sci-Fi Wireに語ったところによると、主人公ビリー・チャカ(マグワイア)は自らの体験を題材にする、来日中のグラフィックノベル作家へと若干変更され、彼は自分が描く物語とはまったく似ても似つかない、不思議な国ニッポンの裏社会をめぐる冒険を体験する。その冒険に随行するのがハサウェイが演じると見られる女性編集者で、最後は2人のラブストーリーになるという。

なお、ヒロイン役には企画当初より、「カラー・オブ・ハート」でマグワイアと共演しているオスカー女優、リース・ウィザースプーンが噂に上っていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi