長澤まさみ、父役・佐々木蔵之介の熱い眼差しを絶賛。「群青」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月29日 > 長澤まさみ、父役・佐々木蔵之介の熱い眼差しを絶賛。「群青」初日
メニュー

長澤まさみ、父役・佐々木蔵之介の熱い眼差しを絶賛。「群青」初日

2009年6月29日 12:00

親子の絆を七夕の短冊に願かけ!「群青 愛が沈んだ海の色」

親子の絆を七夕の短冊に願かけ!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 沖縄の離島を舞台にした長澤まさみ主演作「群青/愛が沈んだ海の色」の初日舞台挨拶が、6月27日、東京の有楽町スバル座で行われ、長澤と共演の佐々木蔵之介田中美里良知真次中川陽介監督が登場した。

「群青」は、恋人を亡くし絶望に打ちひしがれた涼子(長澤)が、幼なじみの青年や父親に見守られながら、希望を見出していくというストーリー。昨年7月から8月にかけて、沖縄の渡名喜島でロケが行われた話題作だ。

立ち見も出るほどの観客席を見渡して感無量の長澤が「みんなで暑いなか頑張って撮影した甲斐がありました」と、まずは満面の笑顔で挨拶。劇中で父娘に扮した長澤と佐々木はお互いの印象について、「眼差しがすごく強いんです。父親としての威厳や強さを感じて、頼りがいのあるお父さんだと思いました」(長澤)、「長澤さんが最初に登場したとき、猛暑の島なのに、なんて爽やかで涼しげに出てくるんだろうと思いました。カルピス飲みたくなりましたよ」(佐々木)と語った。

また、映画初出演の良知は、長澤の恋人役を演じた喜びを「素晴らしいキャスト、スタッフと仕事ができて人生の宝物になりました」とコメント。さらに長澤の母親役を演じた田中も「私もとうとうそんな年になったのかと感慨深かったけど、まだ(長澤演じる涼子が)赤ちゃんの頃の母親役だったので良かったです」と胸の内を明かした。

七夕を10日後に控えたこの日、登壇者全員が願いごとを書いた短冊を披露した。長澤は「世界中の親子の絆が強くなりますように」と映画のストーリーにちなんだ願いごとを笹の葉にかけ、持ち前の爽やかスマイルを見せた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi