大迫力3D映像にベッキー&日村も大興奮!「モンスターVSエイリアン」プレミア : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月24日 > 大迫力3D映像にベッキー&日村も大興奮!「モンスターVSエイリアン」プレミア
メニュー

大迫力3D映像にベッキー&日村も大興奮!「モンスターVSエイリアン」プレミア

2009年6月24日 12:00

臨場感溢れる3D映像に大満足の2人「モンスターVSエイリアン」

臨場感溢れる3D映像に大満足の2人
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全世界で興行収入3億6600万ドル(約350億円)を記録しているドリームワークス・アニメーションの新作「モンスターVSエイリアン」のジャパンプレミアが6月23日、東京・新宿ピカデリーで開催され、日本語吹替え版のボイスキャストを務めたベッキーと日村勇紀(バナナマン)が舞台挨拶を行った。

本作は結婚式当日、隕石に接触し身長15メートルに巨大化してしまったヒロイン、スーザン(リース・ウィザースプーン/ベッキー)が、謎のエイリアンから地球を守るため、ゼラチン質の怪物ボブ(セス・ローゲン/日村)などモンスターの仲間たちと一緒に戦うストーリー。この日のプレミアは3D上映で行われ、専用のメガネを着用した観客が大スクリーンで迫力映像を楽しんだ。

ヒロイン役に抜擢されたベッキーは、「もう衝撃的! 実生活と変わらないくらい立体的で、遊園地のアトラクションみたい」と本作の3D映像に大興奮した様子。吹替えを担当したスーザンに関しては、「運命を受け入れて、自分に何ができるか考える女性。前向きなところも私に似てるかな」と明るい笑顔でキャラクターの魅力を語った。

一方、日村はネバネバした怪物役に扮したが、「おかっぱ頭を描き加えれば、ほぼ俺。」とこちらも自分とキャラクターが似ているとご満悦。アフレコ挑戦を振り返り、「それほど経験があるわけではないので難しかったが、勝手なことばかり言うキャラクターなので演じていて楽しかった」とコメントした他、「浮かび上がるのはもちろん、映画の世界に自分が入りこめるような感覚」とベッキー同様、3D映像に興奮を隠しきれない様子だった。

モンスターVSエイリアン」は7月11日より全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi