津川雅彦&森公美子がアフレコの苦労話を告白「ベーカリー街の悪夢」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月4日 > 津川雅彦&森公美子がアフレコの苦労話を告白「ベーカリー街の悪夢」
メニュー

津川雅彦&森公美子がアフレコの苦労話を告白「ベーカリー街の悪夢」

2009年6月4日 12:00

20年前から愛されつづけるウォレスとグルミット「ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢」

20年前から愛されつづけるウォレスとグルミット
[拡大画像]

[映画.com ニュース] これまで4度にわたりアカデミー賞を受賞した人気クレイアニメ・シリーズ「ウォレスとグルミット」(ニック・パーク監督)の最新作「ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢」。6月3日、東京・三鷹の森ジブリ美術館で日本語吹替え版完成披露試写会が行われ、ニック・パーク監督、アフレコを担当した津川雅彦森公美子が舞台挨拶に登場した。

本作は、パン屋になったウォレスと愛犬グルミットが、パン職人だけをねらった連続殺人事件に巻き込まれるというストーリー。

役者人生初のアニメのアフレコに挑戦したウォレス役の津川は「僕の演じたウォレスは、パン屋殺しを知っても『競争相手がいなくなってよかった』と言ってのけてしまうクールなキャラクター。すごい役を託されたという感じでした」とコメント。一方、本シリーズの大ファンだという森は「世界的人気を誇る作品に参加できて光栄です」と興奮気味に話し、自身が演じた“昔はスリムだったが、今は少し太めな女優パイエラ”については「みなさん、なぜ私がこの役に選ばれたかお分かりかと思います(笑)。私は昔から太かったですけどね」と自虐的コメントで笑わせた。

また、作品の魅力について聞かれた2人は「イギリスらしく実にウィットに富んでいて、年齢問わず、懐の深い作品。監督の“工夫”が作品全体のパワーになっているので、そこを見て欲しい」(津川)、「よく見るとモノやキャラクターに指紋がついていたりと、手づくりの温もりを感じられる。また、人間以上に人間愛に満ちたグルミットの活躍にも注目して欲しい」(森)と絶賛。それを聞いていた監督は、「2人ともこのコメディを十分に理解し、キャラクターに命を吹き込んでくれました」と2人の才能を称えた。

ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢」は7月18日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi