クリント・イーストウッドが日本政府から「旭日中綬章」を叙勲 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月30日 > クリント・イーストウッドが日本政府から「旭日中綬章」を叙勲
メニュー

クリント・イーストウッドが日本政府から「旭日中綬章」を叙勲

2009年4月30日 12:00

叙勲のための再来日はいつ?「硫黄島からの手紙」

叙勲のための再来日はいつ?
Photo:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 09年春の叙勲で外国人として「旭日中綬章」を褒章されることに決まったアメリカ人映画監督兼俳優のクリント・イーストウッド(78)が4月29日、映画会社ワーナー・ブラザースを通じて喜びのコメントを発表した。

「次作(「ヒューマン・ファクター」)の撮影中につき、直接日本でお礼を言うことができないのが残念ですが、このたび名誉ある旭日章を授かったことを心からうれしく思います。この章によってもたらされる、日本での栄誉に深く感謝いたします」

受章理由は、06年公開の2部作「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」を通じて日米双方の視点から太平洋戦争の硫黄島の激戦を描き、日米両国の相互理解の促進に貢献したことだった。

硫黄島からの手紙」に出演した日本人俳優も文書で祝福した。「クリントの数十年にわたる作品に対する誠実な現場作りには頭が下がります。しかも、いまだ衰えぬ製作意欲。日本でも、国が認めてくれたこと、うれしく思います」(渡辺謙)、「元気にしているかな?と思っていた時のこの朗報。おめでとうございます。凄いことばかりで、本当に驚いています。いつまでも元気だなあ。うれしいっす。あ、ちなみに、僕も元気です」(二宮和也

同じ日、大ヒット公開中の「グラン・トリノ」の音楽を務めたジャズベーシストの長男、カイル・イーストウッド(40)が都内で緊急会見。6月にブルーノート東京での自らのコンサートのPRで来日していたものだが、「自分にとってもすごいうれしいニュース」と父の受章を喜んだ。

イーストウッドは07年に、フランス政府(シラク大統領)から文化勲章「レジオン・ドヌール勲章」を叙勲されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi