イーストウッド監督のラグビー映画に息子スコット・リーブスも出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年3月19日 > イーストウッド監督のラグビー映画に息子スコット・リーブスも出演
メニュー

イーストウッド監督のラグビー映画に息子スコット・リーブスも出演

2009年3月19日 12:00

ラガーマンらしく身体も鍛えたデイモン「父親たちの星条旗」

ラガーマンらしく身体も鍛えたデイモン
Photo:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ハリウッド・レポーター誌によると、クリント・イーストウッド監督が手がける黒人解放運動指導者ネルソン・マンデラの伝記映画「ザ・ヒューマン・ファクター(The Human Factor)」(12月全米公開予定)に、イーストウッド監督の息子で俳優のスコット・リーブス(22)が出演することが分かった。

モーガン・フリーマンマット・デイモンが主演する同作は、ジョン・カーリン著の原作小説「Playing the Enemy: Nelson Mandela and the Game that Made a Nation」を、南アフリカ共和国出身の脚本家アンソニー・ペッカムが脚色した。反アパルトヘイト運動により27年間投獄されていたネルソン・マンデラ(フリーマン)が、黒人初の南アフリカ共和国大統領になり、95年にラグビーワールドカップを開催、主将フランソワ・ピエナール(デイモン)率いる同国初の白人&黒人混成チーム“スプリングボクス”が初出場、初優勝するまでを描く。スコット・リーブスは、スプリングボクスのメンバーの一員を演じる。

すでに南アフリカ共和国で撮影がスタートしており、デイモンは髪をブロンドに染め、ユニフォーム姿でトレーニングする姿が報じられている。

リーブスは、父イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」「グラン・トリノ」(4月25日日本公開)などにも出演している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi