クリント・イーストウッドに、カンヌ映画祭名誉パルムドール授与 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年3月2日 > クリント・イーストウッドに、カンヌ映画祭名誉パルムドール授与
メニュー

クリント・イーストウッドに、カンヌ映画祭名誉パルムドール授与

2009年3月2日 12:00

大監督にまたも大きな勲章が!「グラン・トリノ」

大監督にまたも大きな勲章が!
(C)2009 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画監督・俳優のクリント・イーストウッド(78)に先週、カンヌ国際映画祭から“名誉パルムドール”が授与されていたことが分かった。新作「グラン・トリノ」(4月25日日本公開)の仏公開に合わせてパリ入りしていたイーストウッドは2月25日、現地レストランにて、カンヌ映画祭組織委員のジル・ジャコブ&ティエリー・フレモニー両氏から黄金のシュロ(ヤシ科の植物)のトロフィーを受け取った。

米バラエティ誌の取材に対してイーストウッドは、「39年前に初めて映画(『恐怖のメロディ』)を監督した時、わが国では(米映画評論家の)ロジャー・エバートを除けば誰一人として、私が映画を監督できるとは信じてくれなかった。でもフランスの映画狂たちは以来ずっと私を支え続けてくれ、私に製作意欲を湧かせる勇気をくれている」と感謝の言葉を述べ、「フランスは映画を芸術としてとらえている数少ない国の一つ」と芸術の国を称えた。同監督は07年に、仏政府よりレジオン・ドヌール勲章(文化勲章)も受章している。

イーストウッド監督作品のカンヌ映画祭との関係をたどると、1985年の「ペイルライダー」、88年の「バード」(フォレスト・ウィテカーが同映画祭主演男優賞受賞)、90年の「ホワイトハンター ブラックハート」、03年の「ミスティック・リバー」(ショーン・ペンが主演男優賞、ティム・ロビンスが助演男優賞受賞)、昨年の「チェンジリング」、とコンペ部門に出品されるたびに話題を独占。「パルプ・フィクション」がパルムドールを受賞した94年には、審査委員長を務めている。

パルムドール名誉賞は、“映画芸術製作に偉大なる才能を発揮した映画人”に贈られる賞で、通常は映画祭期間中に授与される。昨年の映画祭ではポルトガルの現役監督マノエル・デ・オリベイラ(当時100歳)に授与され、その時はイーストウッドも臨席している。

しかし、今年5月のカンヌ映画祭に、イーストウッドが監督次回作「ヒューマン・ファクター」の撮影のために行くことができないため、今回は特別にパリで授与式が設けられた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi