東京芸大が映画配給!学生たちが出資募ってベストセラーの映画化実現 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月5日 > 東京芸大が映画配給!学生たちが出資募ってベストセラーの映画化実現
メニュー

東京芸大が映画配給!学生たちが出資募ってベストセラーの映画化実現

2009年2月5日 12:00

今年は伊坂作品の公開が目白押し「ラッシュライフ」

今年は伊坂作品の公開が目白押し
(C)2009「ラッシュライフ」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「フィッシュストーリー」(3月公開)、「重力ピエロ」(5月23日公開)と原作の映画化が続く人気作家・伊坂幸太郎のベストセラー小説「ラッシュライフ」を、東京芸術大学大学院の映像研究科が映画化、6月に東京・新宿バルト9で一般公開されることが決定した。

これは、同科の学生たちが企画し、作家と直接交渉して映像化の許可を得て出資企業を募り、製作、配給まで手がけるもの。プロジェクトに賛同した堺雅人寺島しのぶ板尾創路柄本佑ら豪華俳優陣が出演を快諾した。

ラッシュライフ」は4つのエピソードが並走する群像劇で、同科の学生4人が監督した長編映画。部屋を物色中に住人らしき男と鉢合わせになる泥棒の黒澤(堺)、父が自殺し神に救いを求める河原崎(柄本)、不倫相手と再婚するため犯罪を企てるカウンセラーの京子(寺島)、仕事も家庭も失い茫然自失の豊田(板尾)の4人の人生の思いがけぬ交錯を描く。

同科は05年に創設され、映画専攻の教員には黒沢清監督や北野武監督が名を連ねており、有望な若手監督が巣立っている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi