俳優・伊藤淳史がバンド活動に意欲。「フィッシュストーリー」完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月19日 > 俳優・伊藤淳史がバンド活動に意欲。「フィッシュストーリー」完成
メニュー

俳優・伊藤淳史がバンド活動に意欲。「フィッシュストーリー」完成

2008年11月19日 12:00

魚の話ではありません「フィッシュストーリー」

魚の話ではありません
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気作家・伊坂幸太郎の同名小説を映画化した「フィッシュストーリー」(09年3月公開)の完成披露試写会が、11月18日、東京・有楽町朝日ホールで行われ、主演の伊藤淳史高良健吾多部未華子濱田岳大森南朋、監督の中村義洋が舞台挨拶を行った。

本作は、1975年に売れない4人組パンクバンド「逆鱗」が書いた曲「FISH STORY」が、2012年に地球滅亡の危機を救うというもので、1975年、82年、09年、12年と描かれる4つの異なる時代が次第にひとつにつながっていく物語。

逆鱗のリーダーでベース担当の伊藤は、撮影前の2~3カ月間で練習を重ね、すっかり気分はミュージシャン。「役者ではなくミュージシャンの気持ちで撮影にのぞめた。音楽でひとつになれるのが気持ちよくて、映画公開に向けて、皆でまた演奏できれば」と、劇中バンドによるライブ活動にも意欲的だったが、映画の見どころを聞かれると、「多部ちゃんのすべてのシーン、カットがかわいい。そこが個人的な見どころ」と、自身のバンドシーンよりも、09年の女子高生を演じた多部の魅力について語っていた。

「練習しているうちに、この4人なら何かできるんじゃないかと思った」と、逆鱗のボーカル担当の高良も手応えを感じた様子。中村監督も「高良くんはもともと歌はうまくなかったけど(笑)、奇跡的に上手になって、吹替えなしで歌ってます」と太鼓判を押した。82年の気の弱い大学生を演じた濱田は、「最初に(髪が)セットされた時は悪い夢かと思ったけど、ぜひ僕の“聖子ちゃんカット”を見てください」と、劇中の髪型をアピールして笑いを誘った。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi