「やっぱり猫が好き」が決め手?三谷幸喜「ミーアキャット」公開アフレコ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月3日 > 「やっぱり猫が好き」が決め手?三谷幸喜「ミーアキャット」公開アフレコ
メニュー

「やっぱり猫が好き」が決め手?三谷幸喜「ミーアキャット」公開アフレコ

2008年12月3日 12:00

起用理由は「やっぱり…」でした「ミーアキャット」

起用理由は「やっぱり…」でした
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ディープ・ブルー」「アース」など自然をテーマにしたドキュメンタリーを製作してきた英BBCの最新作で、故ポール・ニューマンが最後に英語版ナレーションを務めた動物ドキュメンタリー「ミーアキャット」。本作の日本語版ナレーションを務めることになった脚本家・映画監督の三谷幸喜が、12月2日、都内スタジオにて公開アフレコを行った。

本作は、アフリカ・カラハリ砂漠に生息する体長わずか30センチのミーアキャット(マングース科)の生態を追う映画。生後3週間目に初めて巣穴から出てきたミーアキャットは、兄や家族に支えられながら苛酷な環境で懸命に生きていく……。

自身初となるナレーションに挑戦した三谷は、「戸田恵子さんに『留守電に入れる声がいい』と誉められたことがあったので、いつかこういう仕事が来ないか期待していた」と嬉々として話したが、「でも僕が起用されたのは、以前僕が手がけた番組『やっぱり猫が好き』と『ミーアキャット』の“猫”つながりだと聞いて、だったらうちの奥さん(小林聡美)でもよかったんじゃないかと思った」と起用理由には不満げな様子を見せた。

本作の見どころを「ドキュメンタリーでありながらドラマチックでストーリー性も高い。ミーアキャットが可愛いだけではなく、自然の厳しさもきちんと描いてある優れた作品」と絶賛した三谷は、もしミーアキャットを主人公にした映画を撮るならどんなストーリーにするか問われると、「彼らは見た目こそ可愛らしいが、縄張り争いなど血で血を洗うようなことをやっているので、『ゴッドファーザー』や『仁義なき戦い』のような作品にしたい」と答え、報道陣の笑いを誘っていた。

ミーアキャット」は09年1月10日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi