ポール・ニューマン遺作「ミーアキャット」で三谷幸喜が吹き替え : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月4日 > ポール・ニューマン遺作「ミーアキャット」で三谷幸喜が吹き替え
メニュー

ポール・ニューマン遺作「ミーアキャット」で三谷幸喜が吹き替え

2008年11月4日 12:00

憧れの名優の声を吹替える三谷「ミーアキャット」

憧れの名優の声を吹替える三谷
Yaffle Films (Meerkats) Limited
(C)2007 Mattias Klum/NationalGeographic/
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気脚本家にして、「THE有頂天ホテル」「ザ・マジックアワー」の大ヒットで、すっかり映画監督としてもお馴染みになった三谷幸喜が、来年1月10日公開のドキュメンタリー映画「ミーアキャット」の日本語版で、自身初となるナレーションに挑戦することが、10月31日、配給のギャガ・コミュニケーションズより発表された。

ミーアキャット」は、「ディープ・ブルー」「アース」を製作したイギリスのBBCフィルムズが手がけた最新作で、アフリカ・カラハリ砂漠に生息するミーアキャット(マングース科)の家族の姿を追ったドキュメンタリー。英語版では、9月に亡くなった名優ポール・ニューマンがナレーターを務め、彼の遺作となったことでも話題の作品だが、ギャガによると「『ミーアキャット』のキュートでコミカルな世界を格調高く、かつユーモラスで愛らしく語れ、動物愛に溢れる人」ということで、三谷にオファーしたとのことだ。

一方、白羽の矢を立てられた三谷にとって、声をあてるニューマンは憧れの存在。また、映画の内容についても、「過酷な大自然の中を、先祖から受け継いだ知恵と勇気で生き抜いていくミーアキャットたち。どんなアクション映画よりもエキサイティングで、どんな人間ドラマよりも感動的。生きることの素晴らしさを、彼らから教えられた気がします」とコメントを発表。名作TVコメディ「やっぱり猫が好き」でも知られる三谷が、どんなナレーションを披露するのか楽しみだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi