三谷幸喜「アイ・ラブ・ルーシー」で声優開眼。次はジョージ・クルーニー? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月25日 > 三谷幸喜「アイ・ラブ・ルーシー」で声優開眼。次はジョージ・クルーニー?
メニュー

三谷幸喜「アイ・ラブ・ルーシー」で声優開眼。次はジョージ・クルーニー?

2008年7月25日 12:00

三谷&戸田コンビは何本目?

三谷&戸田コンビは何本目?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本でも根強いファンを持つアメリカの元祖シチュエーションコメディ(シットコム)「アイ・ラブ・ルーシー」がついにDVD化。同作のDVD発売記念試写会が、7月24日、東京・新橋のスペースFS汐留にて開催され、日本語吹替え版の声優を務めた戸田恵子三谷幸喜がトークショーを行った。

本作は、アメリカで51年から放送された国民的人気番組で、実生活でも夫婦だったルーシー(ルシル・ボール)とリッキー(デジ・アーナズ)が繰り広げる大騒動を描いたシットコム。ルーシーの声を戸田、ゲスト俳優など5人の声を声優初挑戦の三谷が担当する。

幼い頃から映画の吹替え版が大好きで、ずっと声優をやってみたかったという三谷は、「自分で言うのも何ですが、ものすごく向いてると思う。監督の時よりもしっくり来ました(笑)。これからどんどん(声優の)オファーが来るんじゃないでしょうか」と自信たっぷりに話した。さらに、「アンパンマン」などベテラン声優として活躍する戸田が「吹替えは役者さんのお芝居を超えてもそれ以下でもいけないのでさじ加減が難しいのですが、三谷さんは声優として心得るべきところを心得ていらっしゃる。100点満点で120点です!」と太鼓判を押すと、気をよくした三谷は、「今度はジョージ・クルーニーの吹替えをやりたいですね」と調子に乗って会場を湧かした。

また、三谷は「子どもの頃に(本作の後番組である)『ルーシー・ショー』を見て育ったので、僕の原点は全てここにあると言えるくらい影響を受けました。僕が思っている素晴らしいコメディエンヌの条件は、どんなに悲惨な目に遭ってもかわいそうに見えないこと。ルーシーはどんなことをしても笑えちゃうんです」と作品への強い思い入れを語った。

「アイ・ラブ・ルーシー」DVDは、7月25日より発売開始。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi