「ブーリン家の姉妹」新鋭監督、次回作はウィリアム・テル伝説 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月21日 > 「ブーリン家の姉妹」新鋭監督、次回作はウィリアム・テル伝説
メニュー

「ブーリン家の姉妹」新鋭監督、次回作はウィリアム・テル伝説

2008年11月21日 12:00

[映画.com ニュース] 「ブーリン家の姉妹」のイギリスの新鋭監督ジャスティン・チャドウィックが、再び時代劇に挑むことになった。ウィリアム・テル伝説を映画化するスパイグラス・エンタテインメントの「Ironbow: The Legend of William Tell」の監督に決定したと、米ハリウッド・レポーター誌が報じている。

ウィリアム・テルは、14世紀スイスの伝説の英雄。オーストリアのハプスブルク家に支配されていたスイスの地で、悪代官ゲスラーの帽子にお辞儀をしなかったかどで逮捕された弓の名手テル。息子の頭の上のリンゴを矢で射ることができれば自由にしてやると言われ、見事成功するが、もう1本矢を持っていたことを咎められ、失敗したら代官を殺すつもりだったと告白して再び捕まってしまう。しかし、その後脱走して代官を射殺、スイスの独立につながる反抗のシンボルとなったとされている。

脚本は、「モンテ・クリスト伯」(02)や「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズを手がけたジェイ・ウォルパート。キャスティングなどはまだ発表されていない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi