復活したミッキー・ロークが激白。「妻を犯した男を殺して死のうと思った」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月5日 > 復活したミッキー・ロークが激白。「妻を犯した男を殺して死のうと思った」
メニュー

復活したミッキー・ロークが激白。「妻を犯した男を殺して死のうと思った」

2008年11月5日 12:00

奈落の底から栄光へ「蘭の女」

奈落の底から栄光へ
Photo:CATARINA-VANDEVILLE
/Gamma/Eyedea/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ミッキー・ローク(52)は今年、最新主演作「ザ・レスラー」(ダーレン・アロノフスキー監督)がベネチア国際映画祭金獅子賞に輝き、今年度の米アカデミー主演男優賞の最有力候補として浮上するなど、完全復活を遂げた。

だが低迷していた90年代には、自殺しようとまで思いつめたことがあったという。米マキシム誌のインタビューで語ったところによると、ヘロイン中毒だった当時の妻キャリー・オーティス(「蘭の女」)がハイになっている時に彼女をレイプした男を殺して死のうと考えたロークは、オーティスに宛てた遺書も書いていた。

しかし、ことの前に長年の友人であるピート・コラピエトロ牧師(ブライアン・デ・パルマ監督「カリートの道」にも出演しているニューヨークの有名な牧師)を訪ねることにしたロークは、牧師との話し合いの末に「2つの大罪を犯す」のを思いとどまったらしい。

その後、ロークとオーティスは98年に離婚。現在シングルのロークにとっては、一緒に暮らす6匹の犬(チワワ3匹、パグ、テリア、ポメラニアンが各1匹)が何よりも大切な存在のようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi