オロナインH軟膏協賛ラジオドラマが映画化「泣きたいときのクスリ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月6日 > オロナインH軟膏協賛ラジオドラマが映画化「泣きたいときのクスリ」
メニュー

オロナインH軟膏協賛ラジオドラマが映画化「泣きたいときのクスリ」

2008年11月6日 12:00

泣きたいときにはオロナインH軟膏?「泣きたいときのクスリ」

泣きたいときにはオロナインH軟膏?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 07年秋にFMのラジオドラマとして放送された「泣きたいときのクスリ」が、大塚製薬オロナインH軟膏の特別協賛で映画化。11月5日、東京・赤坂のグランドプリンス赤坂ホテルにて製作発表記者会見が行われ、主演の大東俊介、共演の戸田菜穂袴田吉彦佐津川愛美北浦愛、監督の福島三郎が舞台挨拶を行った。

本作は、電車の中で泣いている男を物語の発端に、その男を見つめる傷ついた青年、孤独なOL、新人駅員などが織りなす心温まるヒューマンストーリー。原作がラジオドラマであることから、劇中に登場するラジオ放送には、実際のFMローカル各局のラジオパーソナリティがそれぞれの公開都市に合わせて出演するという新しいご当地映画スタイルになっており、今のところ13通りの映画が完成する予定だ。

本作が主演2作目となる大東は、「僕が演じた龍一は笑顔が少ない、とても繊細なキャラクター。僕は陽気な性格だけど、悲しさに直面した時は龍一と同じような感情になると思うので、無理なく演じられた」と話すと、舞台出身で今回が映画初監督の福島も、「ラジオドラマの映画化というくくりではなく、素晴らしい脚本に基づいた映画を撮ろうという気持ちだった」と作品にかける意気込みを語った。

また、「最近泣いたのはいつ?」との質問には、「昨晩、武田鉄矢さんの『お~い!竜馬』を読んで」(大東)、「昨晩、宝塚の戦争ドラマを見て」(戸田)、「映画がクランクアップした時」(佐津川)などキャスト陣が明かす中、袴田はしばらく無言で考えた後、「うーん……、ない」と自分でも不思議そうに首をかしげ、会場の笑いを誘っていた。

泣きたいときのクスリ」は、09年1月10日よりシネマート新宿ほかにて全国順次公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi