80年代の青春映画スター、モリー・リングウォルドが同性婚支持! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月16日 > 80年代の青春映画スター、モリー・リングウォルドが同性婚支持!
メニュー

80年代の青春映画スター、モリー・リングウォルドが同性婚支持!

2008年10月16日 12:00

[映画.com ニュース] 80年代に「すてきな片想い」(84)、「ブレックファスト・クラブ」(85)、「プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角」(86)、「ピックアップ・アーチスト」(87)といった青春映画に主演し、アイドル的人気を誇ったモリー・リングウォルドが、米カリフォルニア州で同性婚を禁じる法案を通過させようとする「住民投票事項8」に反対するプロモーションビデオに出演した。

同ビデオに、脚本家である夫パニオ・ジアノポウリスや5歳の娘マチルダとともに出演したリングウォルドは、“リングレッツ”という熱狂的ファンを生んだ80年代当時より、かなりふっくらした姿で登場している。

そのビデオは、「ホモトラッカー(HomoTracker)」というゲイ&レズビアンの地位向上を目指す団体によってプロデュースされたもの。なお、同団体は10月16日、「住民投票事項8」のために戦う際の資金を集めるイベント「フォールアウト」をハリウッドで行う。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi