プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角
ホーム > 作品情報 > 映画「プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角」
メニュー

プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角

劇場公開日

解説

貧乏人の娘と金持ちの息子のロマンスを描く喜劇。製作はローレン・シュラー・ドナー。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・ヒューズとマイケル・チニック。監督はミュージック・ビデオ出身でこれが映画第一作のハワード・ドイッチ。脚本はジョン・ヒューズ、撮影はタク・フジモト、音楽はマイケル・ゴアが担当。出演はモリー・リングウォルド、アンドリュー・マッカーシーほか。

ストーリー

高校生アンディ(モリー・リングウォルド)の父ジャック(ハリー・ディーン・スタントン)は妻が家を出て以来、転々と職を変えており、娘にいつも尻を叩かれている。アンディの悩みは、1ヵ月後に迫ったプロムにエスコートしてくれる相手のこと。彼女はアルバイトでイオナ(アニー・ポッツ)が経営しているレコード店で働いている。客のハンサムな青年ブレーン(アンドリュー・マッカーシー)に心ひかれる。彼も同じ高校に通っていて、デートを申し込まれて大喜び。アンディに恋している三枚目のダッキー(ジョン・クライヤー)は気が気でない。ブレーンは親友のステフ(ジェームズ・スペイダー)の家で開かれているパーティにつれていった。ブレーンやステフはブルジョアの典型的なお坊っちゃんで、自分の家の貧しさを自覚させられるアンディ。ブレーンが彼女をプロムに誘った。ブレーンにステフは「あんな貧乏人とつきあうなら絶交だぜ」といい、ブレーンは悩み、アンディの電話にも出ようとしなかった。数日後、父がプロム用のピンクのドレスを買ってきた。学校でブレーンを詰問するが、彼は「君が原因じゃない」と弁解する。うちひしがれたアンディはイオナのアパートを訪ね、イオナがプロムの時に着ていったというドレスをゆずりうけ、父のくれたドレスと一緒に自らデザインして新しいドレスを作った。心残りにならぬようにと、1人でプロムに出かけたアンディを、ダッキーが笑顔で迎えた。片隅のテーブルにすわっていたブレーンが「愛してる」と言って立ち去った。「追いかけないと、もうつきあわないぜ」というダッキーの言葉に、追いかけ2人は抱き合ってキスをするのだった。...

作品データ

原題 Pretty In Pink
製作年 1986年
製作国 アメリカ
配給 UIP

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全4件)
  • キュンキュン 階級差がある恋愛でも、いやらしさがなく、可愛らしいストレートなキュンキュンする恋愛作品でした。 こういう80年代の作品って、ハッピーエンドが多い気がします。開放的な時代特有な感じでした。高校生が... ...続きを読む

    ミカ ミカさん  2017年5月7日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ファッション!音楽!青春! ファッション!音楽!青春! ...続きを読む

    Kippie Kippieさん  2016年4月1日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 女子力とか言うけれど 私個人は、女子としてはこれがお手本でした。 本当は好きな映画ランキングに入れたい。 貧乏人が工夫と努力で人から振り返られる存在になるとかいう、貧乏くさいストーリーですが、80年代にもかかわらずバ... ...続きを読む

    たけたけ たけたけさん  2014年5月25日  評価:4.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角 プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角
プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角 プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角
2013年11月26日 2017年5月19日
¥199 ¥1,007
Amazonビデオ Hulu
2週間無料

他のユーザーは「プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi