“リメイク”タレント、はるな愛が「僕らのミライへ逆回転」をPR : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月10日 > “リメイク”タレント、はるな愛が「僕らのミライへ逆回転」をPR
メニュー

“リメイク”タレント、はるな愛が「僕らのミライへ逆回転」をPR

2008年10月10日 12:00

世の中、お金だけじゃないよね~「僕らのミライへ逆回転」

世の中、お金だけじゃないよね~
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「エターナル・サンシャイン」「恋愛睡眠のすすめ」のミシェル・ゴンドリー監督、「スクール・オブ・ロック」のジャック・ブラック主演の奇想天外コメディ「僕らのミライへ逆回転」。作品の舞台がレンタルビデオ店であることから、10月9日、東京・渋谷のSHIBUYA TSUTAYAにて、ニューハーフタレントのはるな愛が“モーニング店長”に就任。「午前中の売り上げをどしどし上げていきたいと思いま~す!」とハイテンションで意気込みを語り、接客や棚の整理に奔走した。

本作は、電磁波を浴びたせいでレンタルビデオ店のビデオの中身を全て消してしまったジェリー(ブラック)と店員のマイク(モス・デフ)が、「ゴーストバスターズ」「ロボコップ」といった名作の数々を自作自演で“リメイク”するというストーリー。

応援チアガールとして本作のTVコマーシャルにも出演しているはるなは、その経緯について「私も松浦亜弥ちゃんのリメイクと、男から女にもリメイクしているので選ばれたみたいです。言うよね~♪」とおなじみのフレーズを交えつつ説明。コマーシャルでは男と女の両方の声を駆使して作品をPRしているが、「毎日が(男から女への)リメイクなので努力はいらなかった」とニューハーフならではの余裕を見せた。

作品については、「何もないところからアイデアをひねって、お金をかけずに表現していて私みたい(笑)。7年くらい前に三軒茶屋で小さなお店を開いた時、お客さんを集めるためにいろいろと工夫したことを思い出しました。“エアあやや”もその時に生まれたんです」と共感した様子。リメイクしたい映画を聞かれると「『チャーリーズ・エンジェル』のキャメロン・ディアスの役をやってみたいです。ビーチできわどい三角ビキニを着てみたり、アクションシーンは男に戻って“おらぁっ!”」とド迫力で実演し、会場を沸かせた。

僕らのミライへ逆回転」は10月11日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi