ミシェル・ゴンドリー、“手作り感”のある最新作「僕らのミライへ逆回転」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月9日 > ミシェル・ゴンドリー、“手作り感”のある最新作「僕らのミライへ逆回転」
メニュー

ミシェル・ゴンドリー、“手作り感”のある最新作「僕らのミライへ逆回転」

2008年10月9日 12:00

好きなものにはこだわりいっぱい「僕らのミライへ逆回転」

好きなものにはこだわりいっぱい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー監督が、「スクール・オブ・ロック」のジャック・ブラックを主演に迎えた最新作「僕らのミライへ逆回転」(10月11日公開)について語った。

いまだにVHSしか置いていない街角のおんぼろレンタルビデオ店に、発電所に忍び込んだせいで全身に強力な磁気を帯びたジェリー(ジャック・ブラック)がやってきて、店内のテープは全ておシャカ。困ったジェリーと店員のマイク(モス・デフ)は、「ゴーストバスターズ」「ロボコップ」「ラッシュアワー2」といった人気ハリウッド映画を自分たちで勝手に次々と“リメイク”してしまう。

ボール紙や身近な道具だけで作ったジェリーたちの安っぽいリメイク版は、たちまち街の評判に。その様子は、まるでリメイク作を濫造するハリウッドに対する痛烈な皮肉のようだ。「自分たちで勝手に作ったほうが面白いぞ」とでも言わんばかりに。

「当然、皮肉にもなっていると思う。ハリウッドのリメイクや続編企画は、どんどんお金をかけるようになっているけど、逆にメチャクチャ安くやったらどうなるだろうってね。でも、それ以上にこの映画に込めたのは、“手作り”ということへの愛情だよ。今回のようなリメイクはしたことないけど、僕自身、これまで手をかけて映画作りをしてきたから、手作り感のある映画をやりたかったんだ」

嬉々として映画作りに励むジェリー役のブラックが見ていて楽しい。監督自身とブラックに共通するのは、好きなものに対してまっすぐな、少年のような心を持っているところだと思うが?

「ジェリーは“自分のやっていることが正しい!”と思っている役なので、それは僕と共通しているし、ジャック自身にもあてはまる点じゃないかな。自分が作っているものが他とはちょっと違っても、それを信じ込んでいる。あまり問題を意識しないで、なんとか解決してしまおうというところ。ジャックはとてもファニーな人だよ。おっしゃる通り、少年の心を持っている点もこの役には大事だった。そうした彼のエネルギーが映画を盛り上げてくれると思ったから。それはコメディにとって重要なことだからね」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi