ショーン・コネリーの最新インタビュー、UA機内誌に掲載! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年4月3日 > ショーン・コネリーの最新インタビュー、UA機内誌に掲載!
メニュー

ショーン・コネリーの最新インタビュー、UA機内誌に掲載!

2008年4月3日 12:00

[映画.com ニュース] ユナイテッド航空機内誌エミスフェールズの最新号(08年4月号)が、「007」シリーズの大特集を展開。その特集の中で、俳優業を半引退状態の初代ジェームズ・ボンド、サー・ショーン・コネリーが沈黙を破り、ボンド映画の旧シリーズやダニエル・クレイグ主演の新シリーズについて語った。

前作「007/カジノ・ロワイヤル」を大絶賛したコネリーはインタビューで、監督マーティン・キャンベルの手腕を高く評価。6代目ボンド、クレイグについても「彼は並外れた俳優だと思う。彼が見事な演技をしてくれたおかげで、ボンドの基本的キャラクターに立ち返っていたよ」とコメント。加えて、「もし、ダニエル・クレイグにアドバイスを送るとすれば、『もう1本やるなら、キャンベル監督と組むべきだ。『カジノ・ロワイヤル』は素晴らしい映画だったから』」とエールを贈ったが、現在クレイグ主演で撮影中の第22作「007/クォンタム・オブ・ソラス」はマーク・フォースター監督が手がけている。

また、大のサッカーファンとして知られるコネリーは、50年代にアーセナル(ロンドンのサッカーチーム)のトライアウトを受けたという噂について否定。「私が受けたのはマンチェスター・ユナイテッドだ」と語った。

なお、同誌公式サイトでも、「007」特集の内容が読めるようになっている。コネリーのインタビューをはじめ、「007調査ファイル(007 Dossier)」と題された車や料理に関する記事、ボンド映画全般にわたったクロスワードパズルなど、企画が充実している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi