「スター・ウォーズ クローン大戦」、今夏劇場公開決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年2月13日 > 「スター・ウォーズ クローン大戦」、今夏劇場公開決定!
メニュー

「スター・ウォーズ クローン大戦」、今夏劇場公開決定!

2008年2月13日 12:00

[映画.com ニュース] ジョージ・ルーカスが新たにプロデュースし、今秋9月より全米でTVシリーズが放映されるCGアニメ「スター・ウォーズ クローン大戦」が8月に劇場公開されることになった。2月12日、ルーカスフィルム、ワーナー・ブラザース映画、米TBS(ターナー・ブロードキャスティング・システム)の制作提携する3社から発表された。

同作は、ルーカスフィルム・アニメーションがプロデュースするアニメ形式のアクションアドベンチャーで、劇場版は北米で8月15日より公開。インターナショナル版の各国の公開日も、近くアナウンスされる模様だ。

「『スター・ウォーズ』を語るなら、いくらでも語れると感じていた」と語るエグゼクティブ・プロデューサーのルーカスは3DCGアニメへ挑戦した理由を、「アニメーションで『スター・ウォーズ』のいくつかのエピソードを語りたいと思っていたし、同時に、アニメーション芸術を押し進めてみたいと思っていたんだ」と述べた。TV版アニメは30分間の“ミニ映画”として、TBS傘下のTNTチャンネルで9月より毎週放送。DVDは米ワーナー・ブラザースよりリリースされる。

気になる内容だが、フォースをめぐる善と悪という構図は変わらない。おなじみのアナキン・スカイウォーカー、オビ=ワン・ケノービ、パドメ・アミダラに、新ヒロインとしてアナキンの女パダワン(弟子)の“アーソカ・タノ”(“アーソカ”は仏教語の“無優樹”のこと)が加わる。対する悪役は、ダース・シディウス(パルパティーン)、ドゥークー伯爵、グリーバス将軍ら。その両陣営の戦闘アクションがスペースオペラの中心軸になる。

早速、公式サイトStarwars.comで、「クローン大戦」のスーパーバイジングディレクター、デイブ・フィローニが作品内容やキャラクターデザインの秘密を紹介する動画を発表している。全6作の映画でおなじみのキャラクターがいっぱいで、大きな期待を抱かせる作品になりそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • キングコング 髑髏島の巨神の評論 キングコング 髑髏島の巨神 コングの勇姿と敵モンスターとの死闘が、怪獣映画の本質とは何かを教えてくれる。
  • ムーンライトの評論 ムーンライト 少年の成長譚から、甘酸っぱく狂おしいメロドラマへ。映画は見事な大変身を遂げる
  • はじまりへの旅の評論 はじまりへの旅 繊細でエキセントリックな魅力を放つ、ヴィゴ・モーテンセン版「リトル・ミス・サンシャイン」
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト

株式会社ファントム・フィルム

誰かの人生の1本になる。そんな映画を一緒に探しませんか!

職種(1)宣伝部 (2)邦画(コンテンツ)プロデューサー

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

積極的に映画祭を盛り上げてくれる方募集!

職種①広報・宣伝スタッフ ②制作・運営アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi