ジョシュ・ハートネットの新作は、ユニークな文楽アクション映画! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年2月4日 > ジョシュ・ハートネットの新作は、ユニークな文楽アクション映画!
メニュー

ジョシュ・ハートネットの新作は、ユニークな文楽アクション映画!

2008年2月4日 12:00

操るのか、操られるのか?「ブラック・ダリア」

操るのか、操られるのか?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ブラック・ダリア」「ラッキーナンバー7」のジョシュ・ハートネットの新作はアクション映画「Bunraku」に決定。ハートネット自身がVH1のインタビューで明かしたもので、原題は日本の伝統的人形劇、文楽のことだ。

ストーリーは、ハートネットが演じる“ドリフター(流れ者)”と呼ばれるクレイジーな性格のジプシーの復讐劇だが、注目なのはその斬新な映像表現。

ハートネットの発言によれば、文楽をモチーフに、CGI映像による誰も見たことのない斬新なアクションがふんだんに盛り込まれ、「シン・シティ」や、「恋愛睡眠のすすめ」「エターナル・サンシャイン」といったミシェル・ゴンドリー監督作、アルフレッド・ヒッチコック監督作「ロープ」を連想させるような作品になるとのことだ。

監督・監督を務めるのは「Holly」でデビューを果たした新鋭ガイ・モシェ。製作スタジオは、第1回製作のアドベンチャー・アニメ「Terra」が07年トロント国際映画祭に出品されたスヌート・エンターテインメント。他のキャストは未定だが、早ければ今年の春にもヨーロッパで撮影を始める予定で製作準備中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi