ロバート・ゼメキス監督作「クリスマス・キャロル」のキャスト固まる : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年12月6日 > ロバート・ゼメキス監督作「クリスマス・キャロル」のキャスト固まる
メニュー

ロバート・ゼメキス監督作「クリスマス・キャロル」のキャスト固まる

2007年12月6日 12:00

[映画.com ニュース] ロバート・ゼメキス監督が、文豪チャールズ・ディケンズの原作を映画化するデジタル3Dアニメーション作品「クリスマス・キャロル」のキャストが固まったようだ。 本作は、ゼメキス監督の現在公開中の作品「ベオウルフ/呪われし勇者」同様に、“パフォーマンス・キャプチャー”(俳優の演技を360度全方向からとらえてCG化する)を駆使するという。

主人公の守銭奴エベネーザ・スクルージ役はすでにジム・キャリーに決定しているが、ゼメキス監督が「ベオウルフ」の米公式サイト上のポッドキャストで明らかにしたところによると、“過去・現在・未来のクリスマスの亡霊”の3人を、ボブ・ホスキンス(「ロジャー・ラビット」)、コリン・ファース(「ブリジット・ジョーンズの日記」)、ゲイリー・オールドマン(「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」)が演じるとのこと。また「ベオウルフ」に出演しているロビン・ライト・ペンも出演する。

ディズニーは、09年11月6日の全米公開を目指している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi