ロバート・ゼメキス監督が「クリスマス・キャロル」を計画中? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月6日 > ロバート・ゼメキス監督が「クリスマス・キャロル」を計画中?
メニュー

ロバート・ゼメキス監督が「クリスマス・キャロル」を計画中?

2007年7月6日 12:00

実写ではもう撮らないの?「ロジャー・ラビット」

実写ではもう撮らないの?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ロバート・ゼメキス監督が、イギリスの文豪チャールズ・ディケンズの古典「クリスマス・キャロル」を映画化することが明らかになった。同監督の「ロジャー・ラビット」(88)に主演したボブ・ホスキンスが語ったもので、主人公の“守銭奴”スクルージ役にはジム・キャリーが決定、ホスキンスは監督から“クリスマスの精霊”フェジウィッグ役をオファーされているという。

ディケンズの原作小説は、ミュージカルやTV映画やアニメやマペット版まで含めると、過去に数え切れないほど映画化されているが、この最新版は、ゼメキス監督が「ポーラー・エクスプレス」や「ベオウルフ」(現在製作中)で使った“パフォーマンス・キャプチャー”(実際の俳優の演技を360度の全方向からとらえてコンピュータに取り込む)を駆使して映像化される模様だ。

先日お伝えした通り、ジム・キャリーには新作企画が目白押し。クリスマスものの「グリンチ」(00)でも嫌われ者キャラクターを演じていた彼だが、はたして“定番”スクルージ役で映画を爆発的大ヒットへと導くことが出来るか?

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi