ショーン・ペン監督作「荒野へ」が、NYインディ映画賞受賞! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月29日 > ショーン・ペン監督作「荒野へ」が、NYインディ映画賞受賞!
メニュー

ショーン・ペン監督作「荒野へ」が、NYインディ映画賞受賞!

2007年11月29日 12:00

[映画.com ニュース] アカデミー賞レースの皮切りとして、低予算のアートハウス(単館)系映画に対して贈られる米東海岸の由緒ある映画賞、第17回ゴッサム・アワードが、11月27日に発表された。

作品賞に選ばれたのは、実話に基づき、アラスカの荒野で1人死んでいった24歳の青年の冒険を綴ったジョン・クラカワーの小説「荒野へ」(集英社刊)を映画化したショーン・ペン監督作品「イントゥ・ザ・ワイルド(Into the Wild)」。

ドキュメンタリー賞は、アカデミー長編ドキュメンタリー賞の最終エントリー作15本に残っている、米医療制度の不備を訴えたマイケル・ムーア監督作品「シッコ」だった。また、アンサンブルキャスト賞では、イーサン・ホークフィリップ・シーモア・ホフマン主演の「ビフォー・ザ・デビル・ノウズ・ユーアー・デッド(Before the Devil Knows You're Dead)」と、ドン・チードル主演の「トーク・トゥ・ミー(Talk to Me)」が同時受賞した。

ブレイクスルー俳優賞は、ジェイソン・ライトマン監督作「ジュノー」で予期せぬ妊娠騒動に巻き込まれるティーンエイジャーを好演したエレン・ペイジ。「イントゥ・ザ・ワイルド」の主演エミール・ハーシュを破っての受賞だった。また、ブレイクスルー監督賞は、コメディ「グレート・ワールド・オブ・サウンド(Great World of Sound)」で監督デビューを飾ったクレイグ・ゾベルが選ばれた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi