スコセッシ監督がジョージ・ハリスンのドキュメンタリー映画製作へ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月28日 > スコセッシ監督がジョージ・ハリスンのドキュメンタリー映画製作へ!
メニュー

スコセッシ監督がジョージ・ハリスンのドキュメンタリー映画製作へ!

2007年9月28日 12:00

ストーンズの次はジョージ!「モンティ・パイソン ライフ・オブ・ブライアン」

ストーンズの次はジョージ!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マーティン・スコセッシ監督が、元ビートルズのジョージ・ハリスン(1943~2001)の人生を綴ったドキュメンタリー映画を製作・監督することになった(タイトルは未定)。

米バラエティ紙によると同作は、ビートルズのギタリストとして名声を得、その後ソロ・ギタリストとしても脚光を浴びたハリスンの音楽的キャリアとともに、「モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン」(テリー・ジョーンズ監督)や「バンデッドQ」(テリー・ギリアム監督)を手掛けた映画プロデューサーとしての足跡もたどるという。「クンドゥン」を手掛けたスコセッシ監督は、東洋思想へ傾倒していったハリスンの精神世界にも焦点を当てるようだ。

なお、同監督が現在編集中の、ローリング・ストーンズのコンサート・ドキュメンタリー映画「シャイン・ア・ライト(Shine a Light)」同様に、劇場公開用映画となる。ハリスンの遺族から相当数の貴重な映像資料が提出されるようで、今年の年末から製作がスタートされるが、完成には数年を要する見込み。

ビートルズ・ファンには楽しみなポール・マッカートニーリンゴ・スターへのインタビューはもちろん行われる予定。また74年に結婚、肺ガンによりジョージが58歳で亡くなった01年まで伴侶だった未亡人オリビア・ハリスンの証言も収められる。

プロデューサーは、スコセッシ、未亡人オリビア、ナイジェル・シンクレアザ・フーのロジャー・ダルドリー&ピート・タウンゼントのパートナー)。編集は、「ボブ・ディラン/ノー・ディレクション・ホーム」を手掛けたデビッド・テデスキが務める。

スコセッシ監督は「ジョージ・ハリスンの音楽と彼の精神性への探求をたどるストーリーは今日でも共鳴するだろう。より深く掘り下げるのが楽しみだ」と同紙に抱負を寄せている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi