「24」シーズン7の内容をエグゼクティブ・プロデューサーが明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月27日 > 「24」シーズン7の内容をエグゼクティブ・プロデューサーが明かす
メニュー

「24」シーズン7の内容をエグゼクティブ・プロデューサーが明かす

2007年7月27日 12:00

ホワイトハウスも 舞台なのね

ホワイトハウスも
舞台なのね
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米人気TVシリーズ「24」のエグゼクティブ・プロデューサー、ハワード・ゴードンが、来年1月から全米放送開始となるシーズン7の内容を明らかにした。

シーズン6から3年後という設定で、舞台は「24」の番組史上初めてロサンゼルスを離れ、ワシントンDCになる(撮影はロサンゼルス)。すでに安定した指導力を発揮している女性大統領(チェリー・ジョーンズ)が新たなテロ事件を通じてジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)に協力を仰ぐという展開になり、バウアーにとっては、かつてのデビッド・パーマー大統領(デニス・ヘイスバート)に次ぐ、頼れる大統領の登場と言えそうだ。

なお、シーズン7は撮影直前になってストーリーが大幅に変更となったことで知られているが、元々の案では、物語の舞台はアフリカだった。バウアーは自分探しの旅の途中でクーデターに巻き込まれるという筋書きだったというが、製作費などの事情からボツとなっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi