07年上半期全米の批評家人気No.1は「レミーのおいしいレストラン」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月18日 > 07年上半期全米の批評家人気No.1は「レミーのおいしいレストラン」
メニュー

07年上半期全米の批評家人気No.1は「レミーのおいしいレストラン」

2007年7月18日 12:00

料理に新鮮なトマトは必須! 「レミーのおいしいレストラン」「レミーのおいしいレストラン」

料理に新鮮なトマトは必須!
「レミーのおいしいレストラン」
C)WALT DISNEY PICTURES/PIXAR ANIMATION STUDIOS
ALL RIGHTS RESERVED
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 07年上半期、アメリカで一般公開された映画の中で最も映画批評家の評価が高かった映画が、ピクサーの新作アニメ「レミーのおいしいレストラン」であることが分かった。

全米の映画批評をまとめた映画サイトRotten Tomatoesが、07年上半期の映画の中から、“ベスト・レビュー映画25本”“ワースト・レビュー映画10本”をランキング化して発表。「レミーのおいしいレストラン」(7月28日日本公開)はインターネットも含めた150以上の媒体の映画評のうち、96%で高評価を獲得。2位は女優サラ・ポーリーの監督デビュー作「Away from Her」、3位はアイルランドの音楽映画「Once」だった。一方、今年上半期のワースト1は、ダイアン・キートン主演のラブコメディ「Because I Said So」で、わずか5%の低評価だった。

Rotten Tomatoesは“腐ったトマト”の意味。同サイトは、さまざまなメディアの映画評を集めて、その評価の具合を“トマトメーター”として%表示。60%以上の高評価を得た作品は“新鮮なトマト”として赤いトマト、反対に60%未満の低評価だった作品は“腐ったトマト”として緑色のトマトのヘタだけを表示。全米の映画ファンに人気があるサイトだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • LOGAN ローガンの評論 LOGAN ローガン ヒュー・ジャックマンが17年間追い求めてきた魂の最終形がここにある
  • 20センチュリー・ウーマンの評論 20センチュリー・ウーマン 世代の違う三人の個人史として描かれる女性史。演じる女優が素晴らしい!
  • 美しい星の評論 美しい星 原作に真っ向から対峙しつつ巧みに脚色。吉田大八の永年の夢は見事に成就した
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

(有)トライワークス

「とにかく映画が好きだ!という方」「編集・取材に興味あり!という方」ぜひご...

職種編集・取材スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi