押井守が初めて挑む“恋愛映画”で、宮崎駿に勝利宣言!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月21日 > 押井守が初めて挑む“恋愛映画”で、宮崎駿に勝利宣言!?
メニュー

押井守が初めて挑む“恋愛映画”で、宮崎駿に勝利宣言!?

2007年6月21日 12:00

説教じゃなくて、若者への応援歌です! 「スカイ・クロラ/The Sky Crawlers」 押井守監督「イノセンス」

説教じゃなくて、若者への応援歌です!
「スカイ・クロラ/The Sky Crawlers」
押井守監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 押井守監督(「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」「イノセンス」)の最新劇場用アニメーション「スカイ・クロラ/The Sky Crawlers」(08年全国公開)の製作発表会見が、6月20日、東京・内幸町のワーナー・ブラザース本社にて行われ、押井監督が新作に向けた“決意表明”を行った。

「スカイ・クロラ」は人気作家・森博嗣による同名小説の映画化。永遠に若い姿のまま生きることを宿命づけられた“キルドレ”と呼ばれる若者たちが、大人たちの作り出した“ショーとしての戦争”に戦闘機パイロットとして参加し、戦い続ける物語。SFやミリタリーものが得意な押井監督は「また戦争ものかと思われるかもしれないが、それはあくまで物語の背景であって、中心は16~17歳の少年少女の愛と生と死の物語。今回は“恋愛映画”です」と、自身初の“若者向け恋愛映画”になると表明。そのため「これまでの自分のスタイルは一度捨てる」と語り、脚本にも「世界の中心で、愛をさけぶ」「春の雪」など行定勲監督の恋愛映画を手掛けた若手女性脚本家の伊藤ちひろを登用した。

これまで大人を主人公にした物語を主に描いてきた押井監督が、あえて若者を主人公にした恋愛映画を描こうと思ったきっかけについて、「僕も55年生きて、自分なりにやっと生きていることを実感できるようになった」と自身の変化を語るとともに、「現代は生き方の選択肢というのは実は少なくて、若者は全てを留保しておきたいと思っているように感じられるが、『とりあえず生きてみる』ということに価値はあると思う。生きることがつらいことなのは間違いないが、不幸になることも(人生の)醍醐味だと思って恐れなければ、人生は情熱の対象にもなる。若者に説教しようとか、希望を託そうというつもりは毛頭ないが、愛犬が死に、別れて暮らしていた娘と再会したと思ったらすぐに(娘が)結婚して離れてしまったりで僕の人生も一巡し、これからもう一度生きてみようと思っている時だからこそ、若者に向けて発言するチャンスかもしれない」と熱弁を振るった。

一方で、やはり戦闘機アクションにはこだわりがあるようで、「空中戦といえば宮さん(宮崎駿監督)と言われてるけど、こっちも自信あります。紅い飛行機のやつ(『紅の豚』のこと)よりいいんじゃないでしょうか」と早くも勝利宣言。さらに来年は宮崎監督の最新作「崖の上のポニョ」が公開され、04年の「イノセンス」対「ハウルの動く城」に続いての“対決”となることについても、「不思議とよくバッティングするけど、そういう縁だと思ってます。お互い、この歳になってまだ監督をやっていて、向こうもかなり転機になる作品みたいだし、そういう意味で『スカイ・クロラ』と『ポニョ』は似ているかもしれない」と、常に動向が注目される巨匠同士、多少のシンパシーも抱いている様子だった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • LOGAN ローガンの評論 LOGAN ローガン ヒュー・ジャックマンが17年間追い求めてきた魂の最終形がここにある
  • 20センチュリー・ウーマンの評論 20センチュリー・ウーマン 世代の違う三人の個人史として描かれる女性史。演じる女優が素晴らしい!
  • 美しい星の評論 美しい星 原作に真っ向から対峙しつつ巧みに脚色。吉田大八の永年の夢は見事に成就した
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

(有)トライワークス

「とにかく映画が好きだ!という方」「編集・取材に興味あり!という方」ぜひご...

職種編集・取材スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi