スカーレット・ヨハンソン、年に2回はHIV検査 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年10月13日 > スカーレット・ヨハンソン、年に2回はHIV検査
メニュー

スカーレット・ヨハンソン、年に2回はHIV検査

2006年10月13日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

「ブラック・ダリア」のスカーレットとジョシュ 実生活もこんな感じ?「ブラック・ダリア」

「ブラック・ダリア」のスカーレットとジョシュ
実生活もこんな感じ?
[拡大画像]

スカーレット・ヨハンソンが、半年ごとにエイズ検査を受けていることを明かした。スカーレットは米アリュール誌のインタビューで、「年に2回、HIVテストを受けているの。これは義務だと思うし、受けないなんて無責任よ」とコメント。これまでベニチオ・デル・トロジャレッド・レトらと交際を噂された彼女だが、「世間には誤解されているようだけど、私は一途よ。付き合っているときは、その人との関係が続くよう努力しているわ」と尻軽ではないことを主張している。現在は、映画「ブラック・ダリア」で共演したジョシュ・ハートネットと交際中の彼女。恋人ジョシュについては、「彼は優しくて素晴しい人よ。私はとてもラッキーだし幸せだわ」と語っており、2人の関係は順調のようだ。「ブラック・ダリア」は10月14日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi