ディカプリオがドラッグカルチャーのアイコンに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年7月4日 > ディカプリオがドラッグカルチャーのアイコンに
メニュー

ディカプリオがドラッグカルチャーのアイコンに

2006年7月4日 12:00

実は伝記マニア?「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」

実は伝記マニア?
[拡大画像]

レオナルド・ディカプリオが、ドラッグカルチャーの始祖と言われるティモシー・リアリー博士の伝記映画に取り組んでいることが明らかになった。元ハーバード大学教授で心理学者のリアリーは、LSDの使用による精神向上を訴え、サイケデリック革命の父としてヒッピー世代の多くの人々に崇められたが、96年に他界。ディカプリオは自ら主演することを前提に、この脚本執筆を進めているという。「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」「アビエイター」と、伝記映画が続くディカプリオ。アカデミー賞へのチャレンジはまだまだ続く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi