今年の日本映画。上位10傑が固まる : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年12月13日 > 今年の日本映画。上位10傑が固まる
メニュー

今年の日本映画。上位10傑が固まる

2005年12月13日 12:00

05年に公開された日本映画(04年末公開の正月映画も含む)の、興収上位10作品が固まった。1位の「ハウルの動く城」を筆頭に、「踊る」シリーズのスピンオフや「電車男」など、10本中9本が東宝配給作品という相変わらずのひとり勝ち状態。東宝作品以外では、7位に東映の「北の零年」がかろうじて食い込んでいるが、松竹配給作品は11位の「妖怪大戦争」が最上位であった。上位10作品は下記の通り(カッコ内は配給会社。数字はいずれも興収)。

1

ハウルの動く城」(東宝)

196億円

2

「ポケットモンスター アドバンスジェネレーション

/ ミュウと波導の勇者ルカリオ」(東宝)

43億円

3

交渉人 真下正義」(東宝)

42億円

4

NANA」(東宝)

40.3億円

5

容疑者 室井慎次」(東宝)

38.3億円

6

電車男」(東宝)

37億円

7

北の零年」(東映)

27億円

8

ALWAYS 三丁目の夕日」(東宝)

25億円(見込み)

9

ローレライ」(東宝)

24億円

10

星になった少年」(東宝)

23億円

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi