容疑者 室井慎次
ホーム > 作品情報 > 映画「容疑者 室井慎次」
メニュー

容疑者 室井慎次

劇場公開日

解説

『踊る大捜査線』シリーズの登場人物である刑事部捜査一課管理官・室井慎次を主人公に、捜査ミスから逮捕された彼がやり手弁護士の仕掛ける罠や警視庁と警察庁の権力闘争に巻き込まれながらも、殺人事件の真相を追及していく姿を描いたサスペンス活劇。監督・脚本は「MAKOTO」の君塚良一。撮影を「MAKOTO」の林淳一郎と「DEVILMAN」のさのてつろうが担当している。主演は「交渉人 真下正義」の柳葉敏郎。

ストーリー

“地下鉄不審車両暴走事件”から2ヶ月後の2005年2月、新宿で起きた殺人事件の捜査本部長を務めていた警視庁管理官・室井慎次が、“特別公務員暴行陵虐罪の共謀共同正犯”の容疑で逮捕された。被疑者として取り調べを受けていた警官・神村が逃走途中に車で撥ねられ死亡したことから、捜査の過程で過剰な暴力行為があったとして、神村の母親が刑事告訴したのだ。だがその陰には、警察の不正を暴こうと意気込むやり手の弁護士・灰島の姿があった。大学時代の恋人自殺という室井の辛い過去を抉り出し、追及の手を緩めない灰島に対し、新城の根回しで一旦は釈放された室井は、停職処分になりながらも、沖田警部捜査一課管理官が手配した若き弁護士・小原久美子や、室井の事件解決への真摯な姿勢に賛同した新宿北署の工藤を始めとした刑事たちの力を借りて、真犯人の捜査に乗り出す。だが、灰島の邪魔立てや警視庁と警察庁の権力闘争の中、捜査は思うように進まない。やがて、捜査線上にひとりの女が浮かび上がった。桜井杏子。彼女こそ、三角関係のもつれから黒木殺害を石本というチンピラに依頼した事件の真犯人で、神村は彼女を庇おうとして黙秘を続けていたことが杏子自身の供述などにより判明した。かくして、事件は解決。灰島も告訴を取り下げ、辞職を覚悟した室井にも新城の独断で広島県警への異動が命じられるのであった。...

キャスト

作品データ

製作年 2005年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 116分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.5 2.5 (全6件)
  • 諦めなければ"道"が出来る。 真摯な思いは"罪"になるか?それとも"光"になってくれるか?脚本兼務の君塚さん、大変なところ踏み込むなぁ…。それって答えが出せるほど、簡単なことじゃないからさ…。 『踊る』としては異色な映画で軽... ...続きを読む

    平田 一 平田 一さん  2015年5月12日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 田中麗奈の弁護士役が浮いている 総合:65点 ストーリー: 55 キャスト: 65 演出: 65 ビジュアル: 70 音楽: 70 田中麗奈の演じる弁護士役が浮いているように思った。何故このような経験の少ない新人がわざわざキャ... ...続きを読む

    Cape God Cape Godさん  2013年3月15日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • たまにしらけてしまうのが残念 青島が中心の「踊る大捜査線」に対し、室井に焦点を当てたこの映画は、今まで知らなかった室井の人間性を深く描いてくれた。「踊る」ファンの私からすればそれだけでも見る価値のある映画だった。また、真矢み... ...続きを読む

    CD CDさん  2012年10月27日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

容疑者 室井慎次 容疑者 室井慎次 容疑者 室井慎次 容疑者 室井慎次
容疑者 室井慎次 容疑者 室井慎次 容疑者 室井慎次 容疑者 室井慎次
2016年9月27日 2011年5月20日 2013年12月28日 2016年1月1日
¥300 ¥500 ¥432 ¥400
iTunes ビデオマーケット GYAO!ストア U-NEXT
※プレミアムコースの場合 ※600円分無料
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi