逮捕されそうになった!?「ボム・ザ・システム」主演俳優が語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年8月30日 > 逮捕されそうになった!?「ボム・ザ・システム」主演俳優が語る
メニュー

逮捕されそうになった!?「ボム・ザ・システム」主演俳優が語る

2005年8月30日 12:00

将来は監督もやってみたいよ「ボム・ザ・システム」

将来は監督もやってみたいよ
[拡大画像]

街中にスプレーで思い思いのペインティングする落書きアート――“グラフィティ”に自身の存在意義をかける若者たちを描いた青春映画「ボム・ザ・システム」で、主演・製作総指揮を務めたマーク・ウェーバーが来日。作品について語ってもらった。

MCやDJ、ブレイクダンスと並ぶヒップホップカルチャーの象徴ともいえるグラフィティを物語の中心に据えて描く映画は、「ワイルド・スタイル」(82)「ビート・ストリート」(84)以来、実に20年ぶりだという。ウェーバーは、「自分もグラフィティ・ライターだったことがあるけど、その経験を生かして映画を撮りたかった」と言う。「アダム(・バラ・ラフ)監督に会って、同年代ということもあって話が盛り上がった。グラフィティは、普通の若い子が有名になる一番の近道だと思うよ。自分のやりたいように公共の場に絵を描くことは、反逆的で危険な要素もあるけれど、それによって自分の精神を形作り、自分に自信をつけてくれるんだ」

反抗的な行動の象徴ともとれるグラフィティを扱った映画なだけに、舞台となったニューヨークでは、撮影時、警察当局との衝突もあったという。「警察から撮影を中止されて、中止しないと逮捕するとも言われた。撮影は不可能と言ってもいいほど大変なものだったけど、同時に大きな挑戦でもあった。映画が完成した今は、充実感があるよ」と、満足げに語った。9月3日より、シブヤ・シネマ・ソサエティにてロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi