ラッセル・クロウがアルカイダの標的に? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年3月15日 > ラッセル・クロウがアルカイダの標的に?
メニュー

ラッセル・クロウがアルカイダの標的に?

2005年3月15日 12:00

結局無事だったけど…「マスター・アンド・コマンダー」

結局無事だったけど…
[拡大画像]

ラッセル・クロウが、01年の初めごろ、国際テロ組織アルカイダの標的になっていた可能性があったことを明かした。男性ファッション誌「GQ」オーストラリア版のインタビューに答えたもの。

クロウは、01年初めに米連邦捜査局(FBI)から連絡を受け、アルカイダに狙われていると知らされたという。これによりFBIはクロウを常時警護するようになり、「マスター・アンド・コマンダー」の撮影中も警護は続いていたそうだ。

当時、「グラディエーター」でさまざまな賞のセレモニーに出席していたクロウは、01年3月25日に開催されたアカデミー賞授賞式でも私服の捜査官が同行していたという。ちなみに、アルカイダによる同時多発テロが起こったのは、約半年後の01年9月11日だった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi