第17回東京国際映画祭が閉幕 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年11月2日 > 第17回東京国際映画祭が閉幕
メニュー

第17回東京国際映画祭が閉幕

2004年11月2日 12:00

「ウィスキー」のフアン・パブロ・レベージャ監督(右)と 主演のアンドレス・パソス「ウィスキー」

「ウィスキー」のフアン・パブロ・レベージャ監督(右)と
主演のアンドレス・パソス
[拡大画像]

10月23日から開催された第17回東京国際映画祭が、31日、閉幕した。今年は従来の渋谷Bunkamuraに加えて六本木ヒルズをメイン会場に据えて開催。オープニング・イブにウォン・カーウァイの「2046」を上映し、木村拓哉が突如来場して会場を沸かせたほか、「隠し剣 鬼の爪」「ハウルの動く城」など話題作を次々上映。世界中から出演者、監督などが多数来日し、クロージング作品「ターミナル」の上映にあわせて、トム・ハンクスも8年ぶりに来日するなど、盛り上がりを見せた。

なお、コンペティション部門では、事前の星取表でも高評価だったウルグアイのフアン・パブロ・レベージャパブロ・ストール共同監督による「ウィスキー」が東京グランプリに輝き、今年から新設された観客賞には、「大統領の理髪師」(イム・チャンサン監督)が選ばれた。また、こちらも新設となる、才能溢れる監督または映画製作者に贈られる黒澤明賞は、スティーブン・スピルバーグ(「ターミナル」)、山田洋次(「隠し剣 鬼の爪」)の両監督が受賞した。主な受賞結果は以下の通り。

■コンペティション部門

東京グランプリ

ウィスキー

審査員特別賞

「ココシリ:マウンテンパトロール」(ルー・チューアン監督)

最優秀監督賞

イム・チャンサン監督(「大統領の理髪師」)

最優秀主演男優賞

オルジャス・ヌスパエフ(「スキゾ」)

最優秀主演女優賞

ミレージャ・パスクアル(「ウィスキー」)

最優秀芸術貢献賞

ニワトリはハダシだ」(森崎東監督)

観客賞

大統領の理髪師

■アジアの風部門

最優秀アジア映画賞

「可能なる変化たち」(ミン・ビョンクク監督)

コンペティション特別枠

「花咲く春が来れば」(リュ・ジャンハ監督)

■日本映画・ある視点部門

作品賞

樹の海(瀧本智行監督)

特別賞

津田寛治(「樹の海」の演技に対して)

黒澤明

スティーブン・スピルバーグ山田洋次

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi