被験者は自分!体当たりドキュメンタリーの監督が来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年10月19日 > 被験者は自分!体当たりドキュメンタリーの監督が来日
メニュー

被験者は自分!体当たりドキュメンタリーの監督が来日

2004年10月19日 12:00

スパーロック監督(左)と恋人のアレックス アレックスは映画にも出演している ベジタリアンなシェフ「スーパーサイズ・ミー」

スパーロック監督(左)と恋人のアレックス
アレックスは映画にも出演している
ベジタリアンなシェフ
[拡大画像]

「人はマクドナルドのみで生きていけるのか?」という素朴な疑問を解決すべく、監督自らが被験者となり、ファーストフードを食べ続けるさまを追った異色のドキュメンタリー「スーパーサイズ・ミー」。公開に先駆け、監督のモーガン・スパーロックが来日し、10月15日、東京・外苑前のカフェ「OFFICE」にて記者会見を行った。

映画は「1カ月間、3食マクドナルドのみで過ごす」「(Lサイズより大きい)“スーパーサイズ”を勧められたら断ってはいけない」「スタート時に自分の健康状態を記録しておく」など、細かいルール設定をして行われた実験を追跡。最初は意気揚々と撮影に臨んだ監督だが、体重はどんどん増え、健康まで蝕んでいく。「なぜ自ら被験者に?」という質問に対し監督は、「他の人に頼んで、カメラが回っていないところで隠れてブロッコリーやアスパラガスを食べられたら困るからね」と笑顔で回答。また、最近のドキュメンタリーブームについては、「世界中の人々がメディアからの情報に疑問を持ち始めた兆候だと思う」と語り、「ドキュメンタリーは作り手が自由に自分の意見を言える最後の聖域」と語った。本作は05年正月、シネマライズにて公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi