戦車もヘリも本物!「戦国自衛隊1549」ロケ現場は空前の迫力 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年10月19日 > 戦車もヘリも本物!「戦国自衛隊1549」ロケ現場は空前の迫力
メニュー

戦車もヘリも本物!「戦国自衛隊1549」ロケ現場は空前の迫力

2004年10月19日 12:00

天雲城の前に並ぶ手塚監督(左端)、出演者ら「戦国自衛隊」

天雲城の前に並ぶ手塚監督(左端)、出演者ら
[拡大画像]

79年のヒット作「戦国自衛隊」のリメイクとなる「戦国自衛隊1549」の広大なロケ現場が、10月18日、マスコミに公開された。

本作のメインロケ地となるのは、静岡県の陸上自衛隊東富士演習場内に、3カ月と2億2000万円をかけて組まれた100平方メートルにも及ぶ天雲城(あんもじょう)のオープンセット。この日は自衛隊の全面協力の下、本物の戦車も登場し、戦国時代にタイムスリップした自衛隊隊員たちが織田信長の居城・天雲城に連行されるシーンが撮影された。

撮影後に行われた会見では、主演の江口洋介鈴木京香鹿賀丈史、原作の福井晴敏らが映画の見所などを語ったが、主演の2人は「本物の戦車やヘリを使った映像が素晴らしいので、どのようにフィルムに納まるか楽しみ」(江口)、「ふだんは乗れない戦車などに乗せてもらい、毎日が楽しい。ヘリから落ちるシーンの撮影があるので怖いが、アクション女優目指して頑張りたい」(鈴木)とそれぞれ語り、現場の充実ぶりをうかがわせた。

また、会見に先立ってマスコミの質疑に応じた手塚昌明監督も「編集するのが楽しみなシーンばかり。十二分な手応えを感じています」と満足げに語った。日本映画久々のアクション大作が、迫力の映像に仕上がることを期待したい。05年6月ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi