キミも出資してみる?日本初の「映画ファンド」が登場 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年10月19日 > キミも出資してみる?日本初の「映画ファンド」が登場
メニュー

キミも出資してみる?日本初の「映画ファンド」が登場

2004年10月19日 12:00

松竹は10月12日、日本で初めてとなる個人向け公募「映画ファンド」で、映画の製作費と配給経費を一般の映画ファンや個人投資家から募集するため、みずほファイナンシャルグループと共同で準備を進めていると発表した。

今回の映画ファンドで集められた資金は、来秋公開の仲間由紀恵、オダギリジョー主演の時代劇「忍/SHINOBI」の製作・配給資金に充てられる。投資家からは最低投資額を一口10万円とし、興行などの事業成績に応じて一定割合のリターンを受けられる仕組みを用意。成績不振な場合でも、元本の一定割合が確保されるようになるという。映画の完成・劇場公開は松竹が保証し、万一、不測の事態が生じて定められた期日までに劇場公開されない場合は、投資元本全額を払い戻す。

また、投資家への特典としては、特別試写会への招待のほか、メイキングDVD、劇場用宣伝ポスター、製作スタッフ用グッズ(Tシャツ、キャップなど)といった非売品グッズの贈呈、一般販売用DVD内に名前をクレジット(希望者のみ)、インターネットで情報(製作ニュース、画像ダウンロードなど)を提供、といったものが予定されている。販売期間は、映画製作の状況を見ながら決定されるが、年内には販売を開始する予定とのこと。詳しくは「忍/SHINOBI」オフィシャルサイト(10月末オープン予定)で告知されるそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi